城とドラゴン(城ドラ)2017/8/31のバランス調整について考察

城とドラゴン(城ドラ)で2017年8月31日にキャラの能力バランス調整が入りましたので筆者の独断と偏見で考察してみます。

バーサーカー

・リーダー以外の時のスキル発動率を上方修正しました。
・攻撃力、防御力と体力を上方修正しました。

同じ2コスのジャイアントサイと比べると見劣りしていましたがこれで2コス砦占拠キャラとして同等になるんじゃないでしょうか。

スケルトン

・キャラ「魔法使い」に不利となる相性をなくしました。

前回の修正でかなり弱くなっていたので修正ということでしょう。
それでも以前の強さには程遠いと思います。

ジャイアントベビー

・キャラ「タートルキャノン」に不利となる相性をなくしました。
・キャラ「キラービー」に有利となるよう上方修正しました。

マルチだとアンチの雪ん子にタートルキャノンを並べられて、雪ん子を倒す前に倒されるパターンが増えてましたのでこれは良い修正ではないでしょうか。
後、スキルの発動スピードをもう少し上げてもいい気がしますが。。

ネコ

・リーダー以外の時のスキル発動率を上方修正しました。
・攻撃時の射程距離を上方修正しました。

射程距離が伸びたということはリザードマン並になったということでしょうか。
ただでさえ強いのにさらにやっかいなキャラになりそうです。

バット

・スキル「コウモリガタメ」発動直後の初撃ダメージを上方修正しました。

前回に続き上方修正です。
強いのになかなか使ってる人が少ないのが原因でしょうか。
もうソロでリーダーのバットは止められない?!
育てるか迷ってる方にはオススメのキャラです!

エルフ

・奥行き方向への攻撃範囲を拡張しました。

2体しか出せない割に画面縦方向(召喚ラインと同じ)の索敵範囲が狭かったので、これまでは対空キャラとしては心細いところがありましたがこれである程度対応できそうです。
エルフも少しずつ上方修正されてきてますね。

サキュバス

・スキル「スイツクシ」成功時の回復量を上方修正しました。

スイツクシMAXのサキュバスは大型やアンチのケルベロスでも倒されることがあるので、今後はスキル発動前に一気に倒さないと勝負が決まってしまいますね。

巨大ロボ

・キャラ「トロール」に不利となる相性をなくしました。
・キャラ「サキュバス」に不利となる相性をなくしました。
・キャラ「エルフ」に不利となる相性をなくしました。
・攻撃回数を上方修正しました。

強いけど、前方の索敵範囲が広いためよく砦や味方キャラに詰まる場面が多くなかなか使いづらいキャラになっていましたがこれでまた息を吹き返しそうですね。
4コスは苦手でしたが、チビドラ、チビクロプス、ゾンビ、クレイジーフラワー、ヴァルキリーだけがアンチになったようです。

ミノタウロス

・スキル「ブンマワシ」の最後の一撃のダメージ範囲を上方修正し、範囲内の全ての敵に当たるように変更いたしました。また、敵を下げる距離をやや短くしました。

ミノタウロスの時代がやってきましたね!
最近上方修正されたゴーレムや元々やっかいなおじさんハウスに強い大型キャラなのでこれからミノタウロスブーム到来の予感です!

(2017/7/20)キャラの能力バランス調整について考察

投稿者:NOZ

この記事へのコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像の添付が可能です。