【シャドバ】データで見るヴァンプがナーフされるべき理由【倉木】

さてさて。

シャドウバースの対戦ログを集計している、シャドログさんのデータを見て、
現状を分析してみましょ。
集計期間は ワンドリ実装後 ~ 2017年7月3日 まで。

 

クラス別勝率

まずは、クラス別勝率・勝利数・使用率から。

以下は全ランク帯のデータ

クラス別勝率・勝利数

はい。

予想通り、ヴァンパイアが使用率・勝率ともに1位。
2位はロイヤルなんですね。
最近はビショップも増殖しつつあるように思えます。

ヴァンプも勝率 53.9% とそんなにダントツではないように思えますが、
ドラゴンネクロエルフなどの下位クラスリーダーは明らかに割を食ってますね。

 

そしてこちらがマスター帯のデータ

クラス別勝率・勝利数(マスター)

ヴァンプさんの使用率が大幅にアップ。
30%もの人口がヴァンプを使っているわけです。
エルフさんなんて 6.3% しか使用していないというのに。
ツチノコ並みの希少種なので見かけたら優しくしてあげましょう。

勝率にも注目してみましょう。
ヴァンプが 54.3%
ビショップが 50.2%

その他のクラスはすべて 50% を割っています。
ビショップもギリギリですし、

ヴァンプ以外のほとんどのクラスは半分も勝てていないことがわかります。

ヴァンパイアはなまじ数も多いだけにミラーも一番多いです。
他クラスのも勝率差は上記以上の差があるものと思われます。というのが以下。

 

ヴァンプ対その他大勢のデータ

ヴァンプ対他クラス(マスター)

圧倒的です。
全クラス勝ち越しなんだからヴァンプ使いが増えまくるのも仕方がないでしょう。

これだけ多いと気になるのがミラーのデータ。(同じクラスとの対戦。)
ヴァンプミラーの場合はどのようになるのでしょう。

 

先攻バース問題

ヴァンプ勝率(先攻・後攻)

ヴァンプ勝率(先攻・後攻)

上画像はヴァンパイアのクラス別先攻・後攻勝率。
ミラーマッチについて見てみましょう。

ヴァンパイア 対 ヴァンパイアは 先攻勝率 58.1%
後攻勝率 41.9%

その勝率差 16.2%
先攻・後攻でこれだけの開きが存在します。

これが先攻バースと言われるゆえんです。

 

シャドウバースは、先攻と後攻の差を是正するためのルールをいくつか作っています。
(後攻1T時に引くカードが2枚に変更 etc..)
後攻の進化権が1つ多く、先に進化ターンに到達するのもその一つですね。

運営側としては、先攻引いたら勝ちなどの状況は避けたいですよね。

 

ナーフについて

以上より、ヴァンパイアカードのナーフ(弱体化)の可能性はかなり高いと言えるでしょう。

これまでは、新パックにつき1度しかナーフはありませんでしたが、
シャドバ運営はWLD以降、月イチでナーフ(バランス調整)を行うと発表しています。

バランス調整が頻繁に行われるのはいいですね。

 

ナーフ候補は?

運営はこれまでレジェンドカードをナーフした事はありません。
ということでアリスと倉木のナーフはまずないでしょう。

他の候補としてはこんな感じでしょうか。

  • バフォメット(シルバー)
  • トーヴ(ブロンズ)
  • ゴブリンリーダー(ブロンズ)
  • 豪拳の用心棒(ブロンズ)
  • 緋色の剣士(シルバー)

倉木コンボの鍵であるバフォメットはほぼ確実じゃないかと思います。
エンハ削除とかでとっても微妙な性能になることでしょう。

序盤からテンポを取れるトーヴ・豪拳の用心棒も、
先攻バース是正のためにナーフはありえるでしょう。
ブロンズですしね。

あと微妙に壊れな緋色の剣士もありえるでしょう。

アリスとのシナジーの高いゴブリンリーダーも結構ありえるんじゃないかと思います。
アリス軸のニュートラルデッキの要ですからね。
ただこれは全クラス使ってるんで(笑)ヴァンプの弱体化にはつながらないですね。

投稿者:うぇいうぇい

この記事へのコメント(2)

  1. パフォメットがナーフされると他のヴァンプデッキにも響くのがなぁ….。素直に倉木がナーフしてくくればいいけどありえないか…..。

  2. ずっとヴァンプ使ってる身としては倉木は存在自体認めたくないカード
    倉木そのものがナーフされれば一番平和に解決すると思うけどレジェンドだし・・・
    あとは緋色の必殺を消すとかかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像の添付が可能です。