【アロット日記vol.10】2月3日に行われた大規模アップデート内容まとめ!対戦が熱い!!

今回はアップデート内容をまとめていきます。かなり内容が多いので要チェックです!
対戦のマッチング方式も見直され、2人以上居れば対戦できるようになったのでこの機会にレートを稼いでジェムを増やしに行きましょう!!

前回の内容
【アロット日記vol.9】後半ダンジョンに挑戦してSSR装備を錬金しよう!!

2月3日 アップデート内容まとめ
アカウント作成方法が変更
今まではアカウント作成時にID・パスワード・ユーザー名の入力が必要でしたが、ユーザー名のみで作成可能に変更!
新規で始められる方は超簡単になりました!
端末間でのアカウント移行方法変更
ID・PWでログインする方法から引き継ぎ申請を行って引き継ぐ方法に変更されました。
メニュー→引き継ぎより、引き継ぎ申請が行えます。

引き継ぎ1 引き継ぎ2

ログアウト廃止
ID・パスワードが無くなったのでログアウト自体も廃止されました。
ちなみに、タイトル画面のデータクリアボタンでデータを初期化できますが、全データが消えるので要注意です!
新たな端末に引き継ぐ場合は前の端末で引き継ぎ申請を行った後に新たな端末の「データ引継ぎ」から行えます!

03タイトル1

04タイトル2 05タイトル3

パーティ編成画面に装備変更機能追加
わざわざキャラ情報から行かなくても良くなったので楽ですね!
ダンジョンによって武器の変更が容易になりました♪
補助は変更できないみたいなので、こちらは忘れずに事前に装備しておきましょう!

06編成1 07編成2

マホウノ鍵一部常設化
主にイベントダンジョンにてマホウノ鍵が必要になりました。
武器の強化素材はコツコツ溜めましょう。

08マホウノ鍵1

※回復ルールと入手方法
・10分で1回復し、最大20まで
・ショップからジェムで購入可能
・イベント等でも入手可能

ダンジョンでの動画コンテニュー制限

変更前:1ステージ3回
変更後:全ダンジョンで1日3回

以前は1戦毎に3回まで動画コンテニューできてたので負けてもなんとかなる的な感じでしたが、1日3回までしかできなくなったので1戦1戦の重みが増しましたね。強敵はオート放置せずきっちり仕留めましょう!
対戦にシャドウシステム導入
今までは4人揃うまで開始されませんでしたが、最低2人居れば残りの2人がNPCとなり対戦できるようになりました!
パーティ数の変更
「ダンジョン」「最強戦」「智略戦」「オート対戦」のパーティをそれぞれ作成できるようになりました。
それぞれの場面に特化したパーティを組んでおけば編成時間も短縮できます。
持ち物ロック
アイテムのロックを行い売却できないようにできます。
大事な武器や防具は間違って売ってしまう前にロックです!

09ロック1

遠征
最大6人編成で遠征させると一定時間後にアイテム等を集めてきてくれます。
使ってないキャラも使い道ができましたね。しかもレア素材を沢山入手できます!

11遠征1 12遠征2

ガチャ詳細
キャラや装備等の排出一覧が見れるので便利になりました!

14ガチャ4-crop 13ガチャ3-crop
13ガチャ2-crop 13ガチャ1-crop

訓練所の修正

・LV50のキャラでもゴールド訓練が可能
・即時完了のジェム数変更
  変更前:残り時間関係なく一定のジェムが必要
  変更後:残り時間に応じてジェムが必要(6分で1ジェム必要)

15訓練所1

スキルの仕様変更

・イゾウの「雷光一閃」で壁を貫通するように修正、ボスに対して複数回攻撃が発生していたのを修正


今回は結構な量の修正が入りました。
動画コンテニューとマホウノ鍵の修正については少し残念な気もしますが、対戦にシャドウシステムが導入されたのが嬉しいですね!「知略戦」や「最強戦」は中々マッチングしない時もありましたが、今回の修正で2人以上いれば対戦できるのでどんどん対戦してレートを稼いでジェムを増やしましょう♪
iPhone版アプリ Android版アプリ

【アロット日記vol.10】アロット・オブ・ストーリーズ

メーカー
FREE STYLE
ジャンル
SRPG
配信時期
2016年12月5日
利用料金
基本プレイ無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iPhone/Android
公式サイト
http://a-lot-of-stories.com/top/reservation
投稿者:GAYM松本

この記事へのコメント(2)

  1. If we incorporate some important news or emergency situation, we will definitely
    hear it on TV. So in case you haven’t watched it, don’t waste your time expecting a DVD copy.

    Thus, this has to be indicative that newspapers will shift their budget for their internet visibility in future.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像の添付が可能です。