ルナとお友達になるためにネクロマンサーでmaster目指す(BP23048)

こんにちはmugenです。
今回は自分が久しぶりにハマっているシャドウバースについての、記事を書きたいと思います。

img_0827%e6%94%b9
まだまだA1のペーペーです……

聞くところによると楽天のオコエ選手も今ハマっているそうでこれからもドンドン盛り上がっていきそうで何よりです。

さて私が使っている主なリーダーはネクロマンサーですが、最近はビショップの台頭でネクロマンサーには苦しい環境が続いています。
だからといって今まで愛用していたネクロマンサーを捨て去るほど私のルナへの愛は安くありません。

img1476525880022

……。疾走ビショップに一度魂を売ったのは許して下さい。悪行はここまでにします。
それはさておきそんな不遇の時代だからこそ、ネクロマンサー使いの皆さんは立ち上がらなければならないでしょう!!
ネクロマンサーでmasterランクまでかけあがって本当の意味でルナとお友達になれるその日まで、私はネクロを使い続けます。

%e3%83%ab%e3%83%8a

ところで私は引いたカードをただ出していくという作業になりがちなので、アグロがあまり好きではありません。
なので基本的に私が使うのはコントロールネクロ。
相手の手札がどんどん減っていく中でこちらの場にはフォロワーが貯まっていく快感はなかなか病みつきになります。テミスはまじで勘弁して下さい……。
幸いA1からA2帯には超越ウィッチはそこまでいません。
超越さえいなければ、コントロールは輝きます。
ただし、疾走ビショップと3ターン目エイラ、てめー等は駄目だ。

そんな自分のコントロールネクロのレシピを紹介したいと思います。

img_0825

img_0826

前半はボードの除去に徹して、後半に蠅の王連打にオリヴィエの進化の暴力で勝利するというコンセプトです。

相手の手札が枯れかかっている時の蠅の王はかなり強いです。
ゴブリンマウントや死の祝福がうまくはまって除去札を強要できていれば、最高に輝きますね。
ただ相手の手札が潤沢にあって、蠅の王ピンだしとかはあんまりですけど。
だからこそ、この蠅の王の前に繰り出せる死の祝福をカローンにするかかなり悩んでます。

img_0832

2-3の守護が3体並ぶか、6-7と4-4が並ぶ場は後者の方が威圧感はありますが、どうしても進化権は重いですね、カローンは。
ネクロマンスや進化権がなくても2-2が3体並んでプレッシャーをかけられると言った点と、長期戦になるとこのデッキは墓地が平気で15とか貯まっていくので、そんな場面で連発でができる点や守護が残れば次ターンの蠅の王を守ってくれるという点等、利点が多くある死の祝福に今は分配が上がってるって感じです。

続いて低コス帯ですが、ダークコンジュラーは多分なにかと入れ替えます。

img_0831

あまり出てくるゴーストを有効利用できる場面が少ないため……。ソウルコンバージョンが入っていれば、もしかすると良いかもしれませんがドローソースが事故の原因になるって場面が死ぬほど嫌いなので、自分はソウルコンバージョンはとりあえず入れてないです。

スカルビーストはエルフと当たるときにいると助かる場面が多いので3投してます。ただ後半にひくと腐る時が多いので、コントロールデッキ的にどうかというところもありますが。

上記のようにまだまだ調整できる所はかなりあるので、どんどん直していきたいですね。

一応、他に『カローン軸ネクロ』と『absoluteDEATHネクロ』(必殺のカード多いだけ)と骸の王やデスタイラントが入り交じった『欲張りネクロ』を所持はしていますが、安定して勝てるのがこの『ふんばり温泉ネクロ』です。
ただランクが上がってくると8-10ターン目に暴力を振るってくこのデッキでは速度が遅くて対抗できなくなってしまいそうではあるので、そうなったら他のネクロデッキでどうなるか試していきたいですね。

最近はエイラとかぶんまわってる疾走ビショップに当たる度にランクマに潜るのを止めてしまっていますが、環境に多いデッキに勝ち越して行かなければランクが上がることはないのでなんとか現実と向き合ってmasterランクまで駆け抜けていきます。

ちなみにエヴォルブの追加カードで優秀賞をあげたいカードがこいつですね。

img_0830

禿げに消されない、いつの間にか墓地を貯めてくれている、蠅の王を守ってくれるやらで自分の中では八面六臂の活躍をしてくれてるカードです。

次回もランクマでのネクロについての雑感についてあげていきたいと思います。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

シャドウバース

メーカー
Cygames
ジャンル
本格スマホカードバトル
投稿者:mugen

この記事へのコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。