【ポケモンGO】高齢者もポケモンGO!楽しすぎてパチンコを辞めてしまった男性も

「ピカチュウ」おった! 高齢者もポケモンGO 連日ファンでにぎわう

http://www.isenp.co.jp/news/20160925/news01.htm

 津市あのつ台の公園「中勢グリーンパーク」が、人気スマホゲーム「ポケモンGO」のファンで異様なにぎわいを見せている。ファンの間では人気キャラクター「ピカチュウ」が多発するスポットとして知られているからだ。県外から訪れるファンも多いほか、高齢者の姿も少なくない。市は園内に看板を立てるなどして「歩きスマホ」をしないよう呼び掛けている。

全文を読む

気の低下が囁かれながらも未だ多くのアクティブユーザーを抱えているポケモンGO。
各地の公園は「ポケモンの巣」と呼ばれる特定のポケモンが湧きやすいエリアになっているため、ポケモントレーナー達にとっての人気スポットとなっている。

news01

中でも、三重県の公園「中勢グリーンパーク」はピカチュウの巣になっているようで、人が絶えず訪れているようだ。現地の新聞が報じている。
若者ばかりかと思いきや、意外にも高齢者が多いそう。

 ゲームは若者というイメージだが、公園は意外にも高齢者が多い。老夫婦が「あそこにピカチュウおるで」と、孫世代の子どもたちを案内していた。監督からげきを飛ばされるサッカー少年らのそばで年配の男性が「ピカチュウおった」と声を上げる光景もあった。

「楽しすぎて、パチンコを辞めた」と語る男性も。

 男性は毎日この公園を訪れ、ピカチュウを〝ゲット〟するために三時間ほどで一万二千歩を歩く。これまでもウオーキングを日課にしていたというが「雨の日まで歩こうと思ったのはゲームを始めてから。楽しすぎてパチンコも辞めてしまった」と語る。

妻と一緒にプレイしているこの男性、ピカチュウをこれまで300匹捕まえた事があるそう。
かなりのガチ勢ですね。(;゜゜)

ポケモンGOならパチンコよりもお財布に優しいでしょう。
いろいろな人に変化を生んでいるポケモンGO。こういった話を聞くと嬉しくなってしまいますね。

 

攻略wikiはコチラ
投稿者:うぇいうぇい

この記事へのコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。