【ポケモンGO】トレーナーの迷惑行為の原因は不正ツール?

危険な「一斉移動」 背景に「不正ツール」

http://mainichi.jp/articles/20160924/k00/00m/040/017000c

 22日に日本での配信から2カ月が過ぎたスマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」。配信当初の爆発的な人気は落ち着いたとはいえ、愛好者は多く、今月上旬に世界累計5億ダウンロードを突破した。一方で、ゲームのプレーヤー(利用者)が深夜にたむろしてゴミをポイ捨てしたり、珍しいポケモンを求めた数百人が車道をふさいだりするなどの迷惑行為が後を絶たない。なぜ、今になってのマナーの悪化が目立つのか。背景には、ゲームを運営する会社が「不正ツール」と呼ぶサイトやアプリがある。国内で集められる142種類すべてを集めた愛好家の記者が「一斉移動」問題を探った。【大村健一/デジタル報道センター】

全文を読む

謂、「ラプラスパニック」と呼ばれるお台場での騒動。

お台場のレインボーブリッジの”本来なら入ってはいけないエリア”にラプラスが出現。
そこにポケモントレーナー達が集団で移動し、交通渋滞や信号無視が起こり警察が出動するという一連の流れ。
この騒動は過去数回起こり全国ニュースにもなっている。

そして「その背景にはポケモンの位置がわかる不正ツールの存在があるのでは?」というのが毎日新聞記者の主張。


記事内では明言されていませんが、不正ツールとは「P-GO SEARCH」のことですよね。
確かにこれがあるのとないのとで、遊び方は大きく変わってくるでしょう。

記事では「まずプレーヤーが不正ツールを使わないことを解決の一歩目とするしかない。」と締めています。

 

不正ツールの利用を辞めた人も


「近くにいるポケモン」が機能するようになれば、ツールに頼らざるを得ない現状にも変化が生まれると思いますけどね。
【ポケモンGO】『近くにいるポケモン』は近々こう進化する!足あとなんていらんかったんや

 

攻略wikiはコチラ
投稿者:うぇいうぇい

この記事へのコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。