【ポケモンGO】最新のマップツール事情。『P-GO SEARCH』『ポケタン』『Pokémon GO – Live Map』が使える!

てさて、以前紹介した、ポケモンをマップに表示してくれるツール『Go Radar』ですが、
やっぱり利用者が少ないのか、時間帯・場所によっては表示数が少なくて物足りない(^_^;)

福岡・天神でこれ。
『Go Rader』画面。
福岡・天神でこれ。

 

そこで、今(8月12日時点)使えるマップツールを調べて見ましたところ、

『P-GO SEARCH』
『ポケタン』
『Pokémon GO – Live Map』

この3つがなかなかいいカンジに使えますね。
一つ一つ紹介していきます。

 

P-GO SEARCH

以前、一時的に使えなくなっていたP-GO SEARCHですが現在は復活しているようです。
P-GO SEARCHはiOSアプリ版とWEB版の2つがあります。

P-GO SEARCHの特徴はなんと言っても表示が早いことですね。
目当てのスポットを見ればパッパと表示されます。

そして場所にもよりますが、表示数も多いです。
東京の方ならこれ一つで十分なんじゃないでしょうか。

代々木公園の様子。
代々木公園の様子。
ポケモンをフィルタリングして表示することもできます。 また、トレーナーの多い地域を選んで表示することも。
ポケモンをフィルタリングして表示することもできます。
また、トレーナーの多い地域を選んで表示することも。

欠点としては、人の少ないところでは全くポケモンが表示されないところでしょうか。
おそらく都市部のみに限定してサーチすることで負荷を分散させているのだと思います。

前述の通り、東京だけで活動するのであればこのP-GO SEARCHだけで十分だと思います。

 

ポケタン

ポケタンはWEBブラウザで動作するツールです。

ポケタン。
ポケタン。

ポケタンもP-GO SEARCHと同じように都市部だけを限定して調べることができます。
表示数もP-GO SEARCHと同じくらいでしょうか。

場所を指定してサーチします。 田舎部はあまり充実していません。
場所を指定してサーチします。
田舎部はあまり充実していません。

ポケタンのいいところはレアポケモンの出現記録も見れる所ですね。
過去の何月何日にカビゴンやカイリューが出たよ、というデータをマップ上で見ることができます。

上野公園のレアポケ出現記録。
上野公園のレアポケ出現記録。

 

Pokémon GO – Live Map

Pokémon GO – Live MapはPCで動作するアプリケーションです。
Linux版、Mac版、そしてWindows版の3つがあります。

Pokémon GO - Live Map、上野公園の様子。
Pokémon GO – Live Map、上野公園の様子。

Pokémon GO – Live Mapを使うと、周囲のポケモン、ポケストップの場所、ジムの場所/色/レベルなど多くの情報を見ることができます。
PCアプリケーションですが、Pokémon GO – Live Map内で発行されるURLを送ればスマホ上でも見ることができます。

但し、各個人のGoogleアカウントを使用してログインする必要がありますので、
全て自己責任でお願いします。

インストールにはちょっとした手順が必要です。
詳しくは次回記事にて。

 

攻略wikiはコチラ
投稿者:うぇいうぇい

この記事へのコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。